第10回放送終了!「リスクとの上手な付き合い方」というテーマでお送りしました

オンエアー

本日の放送は「リスクとの上手な付き合い方」というテーマでお送りいたしました。
いかがでしたか?

sean_2013121301.jpg

リスクとはどんなときに感じるか、どんな風に感じるかといったことをお話しました。

放送中にも言いましたが、リスクとはこういうものだと捉えてみるといいですね。

リスクとは・・・

それは、リスクとは「つい避けてしまいがち」だけど「本当はやってみたいこと」だということです。

全く自分がやりたいと思ってもないことにリスクを感じることはありませんからね。
総理大臣になったらどうしようとか、アメリカ大統領になったらどうしようとか、考えないですよね (^^;

「バッシングされるかもしれない」など、どんなリスクがあるか想像はできますが、全然リアリティを感じませんよね。

つまり、そういうのは「自分がやりたい」と思っていることではないということです。

リスクは想像の産物

また、「リスクは想像の産物でしかない」というのも覚えておいてほしいです。

実際にそうなるかは、やってみないとわからないです。

悪い想像をどれだけしても、そのことが実現することって、滅多になかったりします。

だから、リスクを感じるからやめておくというのはもったいないですね。

本当はそれはやりたいことだったりするので、「エイヤー!」とチャレンジしてみると、案外できたりするかもしれませんよ?

まとめ

現代社会はリスクに対して過敏に反応しすぎかな、という感じがしています。
それは日本人の気質なのかもしれません。

ただ、やるリスクとともにやらないリスクもあるので、そういうことも考えて置く必要があります。

ぜひ「リスクに感じること」を一度リストアップしてみてください。

リストにして向き合ってみると、「自分が本当にやりたいこと」が見えてくる可能性が高いです。
そういったものにチャレンジしてみては、いかがでしょうか。

オマケ: 収録が終わってから・・・

ラジオが終わってからの話なのですが・・・
実は今日、自分が何を喋ったのかあまり覚えていません (^^;

ただ、こういうときこそいい内容が喋れているなと思うことが増えてきました。

考えに考え抜いて、セリフを作ってそのとおりにしゃべるのもいいのですが、それだとどうしても作為的になったりします。

今日は、自然と自分の中から出てきたものをそのまましゃべっていた
そんな感覚があります。

聞いてみて、いかがでしたでしょうか。
よかったら感想など、お聞かせしてくださいね (^_^)

タイトルとURLをコピーしました